麗しき・・・・その42012/07/03 18:51

もうシーズン折り返し、ですナ。 
イササカ早過ぎる!気がいたします。
気分一新、ということでバックを替えてみましたが何てことはありません、ですネ。

さて、一週間も時をおいた釣りの話題などビアグラスに残っていた前夜のビール?みたいなものですが・・・・麗しき○○・・・に区切りをつけませんと先に進めませんので、どうぞご寛容のお心を・・・・。


極上の流れを堪能しつつ2つの区間を遡る・・・・やがて陽が傾きだすとなにやら空中に舞う虫の姿が目に入る。

・・・・・・ま、当然この状況に期待を・・・・ということでいつもの「デッカディス」にフライをチェンジ。折りも良くこの流れでの最上ポイントに・・・・。

と、見れば友人もフライをチェンジ。・・・・ま、考えることは同じだね(後で聞いたら戦術的にゼンゼン違ってましたけど)。

そして友人。
流れのど真ん中でキャッチ。
赤みの強いため息のでる見事なイワナ。

で、私メ。
最奥の白泡の脇。
距離7~8m。
もうバッチリね!ストレートで投げてリーダーも全部ターンさせ、ると・・・フライだけスーっと白泡沿いに流れてイワナ様のお待ちになっているあのあたりに・・・・

キャストが決まった!
フライが狙ったところに着・・・・・さ、流れ始めるぞ・・・・・

流れ始めたかな・・・・・?

カポ。

えっ!

やっちゃいましたよ!合わせ切れ。
一瞬重みを感じただけで・・・・・・おわり。思わずイワナ踊りを踊ってしまいましたね。

逃がした魚、はセオリー通り、デカイ!のだ。
言い訳は山ほど考え付くのだったヨ。


ま、これを潮時に今日のところは・・・・・・ということではじめての富山を満喫したのだった。
深謝。友、流れそして岩魚。


そして翌日。場所は変わって飛騨の国。
懐かしい流れにしばし時を忘れる。

が、今回の用事を足す地はまだズーっと先。あまりのんびりとしてはいられない・・・・・さ、この辺で。








出来立て2012/07/09 19:24

 皆様におかれましては健やかに日々を送られていることと拝察・・・・・・

 わたくしメもサヨウ在りたく思いますが生来のナマケモノの事、なかなか理想の通りにはいかない危うい綱渡り状態に日々を送っております。

 本日は年に一度の定期健診日。
 いやーー、毎度この日が待ち遠し       くない!
 昨晩から食べ物も飲み物もじっと我慢、でしたから。ま、寝酒の類はガマンも軽いですが、寝起きの一杯(あ、言っときますけどコーヒーです)は欠かせないし、朝飯抜きなど考えられないし!
 もう、検診の始まる10時までは・・・・・・・・・・・。さらに今年はオマケ!があるのだ・・・・・朝に欠かせない新聞!の休刊日!!にもあたるのだッ!!!一体どういうつもりだ!
 もう、シニソウ・・・・・。


 ま、あれもこれもナントカ耐え忍んでまいりましたが・・・・・・下剤の効きが・・・・・・思わしく    ない。
 相当な時間が経過したがバリウムの排出が・・・・・・・・・・・・・・う。

 たいへん失礼いたしました。お口直し?に出来立てのホヤホヤをご賞味(翫)くださいませ。
アメマスです。5キロ超の80cm!

 
 









夏、到来だ!2012/07/17 17:56

東海、関東あたりも梅雨が明けたみたい。
いよいよ夏本番を迎えます・・・・・・・・
って、当方にとっての夏はこの連休が始まりでございました。

雨のなかでのカヌーイングかな?と思っていましたところ、日ごろの行いが方正なワタクシめのこと、すっかり好天に恵まれ実に気持ち良くパドリングでき(実のところ、参加していただいた4艇8人様の息がピッタリのおかげ)、良い夏のスタートがきれた!ヤッホー!・・・・という具合。

キャンプ場のフィッシングポンドも水良く魚良く、で最高のコンディション。大いに楽しめること請け合いだね。


講習の合間(時間の有効利用のため昼ごはん抜きね)、信越国境付近の渓流を偵察に。
昨年の大震災の傷跡が生々しく、心が痛む景色を見ながら上流へと進む。最奥の集落は無残な有様だったが集落の人だろう方々が何人も外で作業をしているのが目に入り、なんだか安心すると同時にうしろめたい気も・・・・。

集落のはずれの橋から入渓。
覆いかぶさった木々の下の流れは外の暑さとは無縁の世界。場所によっては川霧がたちこめてしばし流れの中で座り込みたい気分。
いや、天国天国。

そしてこのあたりのイワナらしい腹の黄色い、きれいな(ま、サイズはそれほどではないですが)のが、ココは!というところから・・・・ね。いやいや、さらに好し!

テナことをしておりましたところ・・・・ン、こいつは?

こりゃー、ちょっと違うぞ・・・・ンーん、放流もんだな!
アレレまただ。

魚釣りですので釣れたらうれしいのですが・・・ね。コンナことしていて良いんだろうかネー・・・・・・・・・。崩れた道路や家屋を見ながら来ちゃったしー
、ナンか釈然としないねえ。
ま、いずれにせよ私メの本格夏!の到来だわさ。





リミット2012/07/21 18:39

エーー、私めにはこの世界での師匠ってのがおりまして・・・・・あー、故人なんですが・・・・・・大先生、とてもカッコよろしく、もう、アコガレの的なわけ。
 ま、そのカッコ良さ!ってのは根底に体系立った美学、イワユル「哲学」ってのがあるからだと、カッコ良くない私めは思うのだヨ。
 

 そのあたりから導き出されたに違いない一つに匹数制限ってのが・・・・・
あ、いわゆる「バッグリミット」とはまったく違いまして、一日に自分の釣って良い匹数のことでキープする数とはマッタク異なってます・・・・・・・・ありまして、6匹/1日で充分満足できる(する)ような釣りをすることを自分に課す・・・・・・・・・

・・・・・・いやー、シビレますナ。

己もかく在りたい!

と、盲信の道をまっしぐら!になったわけですが、コレが意外と簡単に実行できるわけ。
そう、私メの実力をもってすれば六匹制限はオロカ、3匹制限でも実行可能だったわけですね。正直、六匹以上釣る事が至難だったのよ。

ところが・・・先日。

どういう風の吹き回しだったのか、釣り開始からそう時間が経たないうちにリミットに達する・・・・という僥倖に恵まれまして・・・・・。
う、う、う・・・・

さて、貴方でしたら如何?
まだ時間はたっぷり・・・、魚は上ずってるし・・・・・。

あー、恰好悪い。
やはり師のようにはなれない!超小物ぶりを発揮してしまったぞ!


b2012/07/30 18:30

連日、暑さが続いております。
皆様におかれましてはいかがお過ごしでございましょうか?

昨秋、事情により伐採してしまった庭の木、やはりその存在が大きかったことを実感しております・・・・・やっぱり暑い!だわ。午後の強い日差しがシゴト場に直射。特にテラスの下がイケナイ。外に一歩踏み出すと「クラッ」ときますな。
田舎の暮らしをしていながらドアを締め切って屋内で息をヒソメテ一日をやり過ごす・・・・・・うーん、これは!状況を変えねば!とおもうのだよ。

さてそんな折。
行ってまいりました、地元水族博物館。
ま、コレがワタクシらのプチ夏休みのラストイベントね。
しっかりクーポンを握り締めて(2割引き!)夏休みでごった返す水族館へ。9月から改装が行われるため長く親しんできたこの施設の見納め、でもあるのだ。

ま、しかし、最後の見納め・・・・というに少々物足りなさを感じてしまったのは、なんと言っても、「目玉」の展示が う す い 、かな?ってところ、ともうすでに閉館を意識してるのかな?イワシの群れは良かったが・・・・なんかいきものが少ないか?な。

ま、新装開館に期待しましょうかね。
ただ、施設にお金、かけましたよ・・・・てきなのはご勘弁願いたいものだね。
小さくて、古くたって面白い施設ってあるところにはあるものだから・・・・。

てなこと言いつつ、マイド、足の止まる水槽は・・・・・こちら。

おきまりのターポン、スヌーク、そしてレッドドラムが一堂に。